So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2019年5月の月間走行距離 [ジョギング]

ScreenHunter 75

ラス前とラス日で寄せましたよー。
残り2日でスパートしたおかげでジャスト100キロ!
100キロと99.…は気分的に全然違う。

昨日は家に帰ってから眠くって。
ジムに出かけるのがとっても億劫だったけど行ってよかった。
そして、その前日にいつも4周で終了するモエレランを6周まで粘ったのが良かった(自画自賛)。

5月はハーフ(豊平川)とフル(洞爺湖)の大会に参加して、それだけで63キロになるので100キロどころか150キロは走るんじゃないかなーーーと皮算用していたのだけど。
フルの大会で18キロしか走らないとは我ながら大誤算。

ただ、洞爺湖で全然走れなかったことが、これじゃあいかん。外でもっと走らなきゃという思いにつながったし、5月いっぱいの有効期限の日帰り入浴券が4枚ほど残っていたのでモエレランに鼻先ニンジンをぶら下げることができてモチベーションアップした。

鼻先ニンジンは他にもあって、
DSC_0286
ロイズのソフトクリーム。
モエレ→温泉のちょうどルート上にロイズがあって嬉しい。
走ったあとになにも食べずに温泉に入るのは良くないなぁとは思いつつ、だからと言ってなにを食べたいというわけでもないのでソフトクリームがちょうどいい。ご褒美感もあるし。

30日にも寄ったらソフトクリームは販売終了だった。
代わりに
DSC_0299DSC_0300
カップアイス。
電車の車内販売のようにカッチンカッチン。
味は美味しかった。次はヘーゼルナッツ味を食べてみよう。

モエレランは1周4キロ弱ながら、タンポポの綿毛地帯、虫の飛翔地帯、カラスのついばみ地帯など自然の洗礼個所がいくつかあるけどやっぱり外を走るのは楽しい。

5月は外走りばかりで、およそ1か月ぶりにトレッドミルで走ったら乗り物酔いに近い感じがあった。

ニューシューズ届いた。
DSC_0304

ゲルカヤノ25。

今年の勝負シューズ。
どんな感じか楽しみ。


nice!(3)  コメント(2) 

ほんとに5月? [グルメ]

5月25日(土曜日)~27日(月曜日)は暑かった。   

ScreenHunter 73
 
(気象庁のHP:https://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php#!table参照)

北海道で5月に連続してここまで暑くなるのは気象観測史上初なんだそうな。
札幌はまだいい。大雪山系の向こう側(道東)の佐呂間とか帯広なんか39度とかだったものー。
全国各地の日中最高気温ランキングで1位〜10位まで北海道の地域で占めるのも史上初とか。
今日はさすがに気温が落ち着いてㇹッ。

そんな暑い日初日の土曜日はけっこうアクティブに過ごした。

まずはモエレラン。
午前中、公園までの通り道にかかっていた気温計では24度だった。
これぞ道マラ練習日!
最低4周、頑張って5周、できたら6周を目標に走った。
暑いは暑いが日陰は涼しくて心地良い。
次の予定もあるので疲れすぎても…の思いで最低ラインの4周でやめました。

炎天下に2時間弱駐車していたデミオに乗り込んだら、ハンドルがアッチッチッだった。

この暑さの中で走った私にご褒美をーーー。
DSC_0286
ロイズのふと美店でソフトクリーム食べた。
いつもはバニラ派だけどロイズだからチョコレート味も食べたくてミックス。
美味しい。濃厚。胃袋が生き返る。

血糖値が復活したところで(?)温泉へ。
水風呂が心地良い。水風呂最高。

さて、いつもならここまでで十分すぎるほどアクティブな土曜日なのだけど、さらに高校時代の友人と久しぶりに飲み会。

DSC_0289
6人で予約したため2回の狸小路に面した個室に通された。
窓から入る風がさわやかでなんか楽しい。

DSC_0291
生ラムじゃよ。美味しかった。ビールも合う。
たれはシンプルなしょうゆ味で、自分で生ニンニクやら唐辛子の粉末やらを入れてカスタマイズします。
野菜は食べ放題。
ビールとワインは個室に置かれている冷蔵庫から自分たちで取り出して、お会計時に飲んだ本数を数えるという鷹揚さ。

「土曜日なので2時間でお願いします」と言われたときには少々焦ったけど、ジンギスカンってスタートダッシュ命で肉の奪い合いだけど、ガツンと急激に落ちるのよね。
というわけで、最初の30分はガツガツ・ハフハフその後窓から入る風に身をゆだねてまったりと過ごしました。

お会計はなんと一人2,000円弱。
みんなの口から「安さは正義だ!」「正義の店だ!」などの賞賛の声がもれました。
みんないい歳なのにね。

いっきに夏が来た気分になった週末でした。


nice!(2)  コメント(2) 

2019年洞爺湖マラソン [マラソン]

2019年5月19日日曜日Sun

今年も洞爺湖に行ってきました。
ダーリンDNSのため、今年もまた一人でJRに乗って日帰りマラソン。

午前4時30分起床。
朝食をとり身支度を整えて、
午前5時30分家を出発。

朝5時台は公共交通機関がないので、JR札幌駅までは徒歩。
昨年は母から自転車を借りて激チャリしたので10分で駅まで到着できたけど、徒歩なら30分はみないとね。タクシーつかまえられないかなと最初は振り向きつつ歩いたけどある程度の距離を進んだらもうあきらめた。結局20分くらいでついたのかな。
朝は冷えると思って着込んだせいで汗だくになった。

DSC_0268
朝6時発のスーパー北斗の自由席はそこそこの乗車率だった。
昨年はもっと空いていたけどな。

うつらうつらしているうちに乗り換え駅の伊達紋別に到着。
DSC_0269

待ち時間の20分ほどの間にお手洗いでコンタクトレンズを入れて顔に日焼け止めクリームを塗った。

洞爺駅行きの普通電車は、部活の高校生や有珠山登山と思われる年配者、そして洞爺湖マラソンのランナーでいっぱいだった。
有珠山登山もいいなーってちょっと思った。

有珠駅での停車がずいぶん長いと思っていたら、遅れた特急電車の通過待ちかなんかで4分ほど停車するとのこと。
洞爺駅到着もこのまま4分遅れたら、洞爺駅前発8:15の洞爺湖行きの路線バスに乗り遅れちゃうけど。バスは待っててくれるのかな? 駅前発の路線バスだからそういう連絡はとってるのかな?
..と思いながら洞爺駅に着いたら路線バスはすでに出発したあとだった…。
へー。行っちゃうんだーーー。と唖然としていたら、駅前の車寄せにたくさん並んでいた大会ボランティアを運ぶバスのうちの1台がランナーたちを送ってくれることになった。

ボランティアの高校生だけで7割がた埋まっていたバスにランナーたちが乗り込んだもんだから、もうぎゅう詰め。
私は最後部の5人座れる座席の真ん中に座らせてもらった。
バスは路線バスが停まる文化センターではなくお隣のコミュニティーセンターに停車してランナーを下ろしてくれた。バス料金330円得しちゃった。

ここで、走りよりも気になるのは帰りの「あし」。
昨年の場合、帰りの乗車時間が不明だったので指定席の予約をせずに洞爺駅で購入した。購入時点で指定席券は売り切れとのことで自由席に座れるかすごく心配だった。昨年はなんとか座れたものの、今年も自由席に座れるとは限らないしでも絶対に座りたいので、午後4時50分発のスーパー北斗の指定席を予め購入した。

問題は、
16:50発のスーパー北斗に乗るためには洞爺湖発15:25のバスに乗らなきゃならない。
9:30マラソンスタートして、5時間で完走するとしたら、
14:30 フィニッシュ、荷物をとって風呂。
15:25 バス乗車。いや。早めにいって並ばないと座れないぞ。

バスに間に合わなかったときのためにタクシーの運転手さんに洞爺駅までのタクシー料金を聞いたら「だいたい2000円だね」。2000円かー。2000円も痛いけど、財布代わりのジップロックには3000円入っているかどうかという懐事情。心もとなさすぎる。
タクシーに乗るとするなら、16時20分まで洞爺湖に滞在できる。となると、5時間30分完走で午後3時フィニッシュ。それから荷物とって風呂入って…うんいけるか。でも2000円痛いなぁ。

などということばかり考えていたスタート前。

-------------------------

「マラソンってメンタルの部分大きいですよね」「いやあ。ほんとメンタルはデカイよ」
というはやいランナーさん同士の会話を、なぜかうんうんと大きくうなずいて聞く私。
だって、走る前から帰りのことばかり考えていた私は18キロでリタイアしたんですもの。

走り始め足がパンパンで走るうちに良くなるかなと思っていたらどんどんつらくなってきて、15キロくらいで歩き始めてしまった。歩いたり走ったりを繰り返しているうちに、こんな35キロ以降なら許される状態に15キロでなっていたら完走なんてムリ~ってことで18キロ地点でリタイア申告。収容車に乗り込んで、サブ4ランナー並みのはやさで戻ってきました。

荷物を取ってお風呂へ。女性風呂はまだ空いていた。
昨年は脱衣場も浴室内も大混雑で不満だったから嬉しい。

DSC_0272
洞爺湖を眺めながらの風呂上がりの生ビールは格別だったよ。
スタート前に食べようと思っていた赤飯のおにぎりをつまみにした。

マラソン中は暑かったけど風がけっこう冷たい。
DSC_0274
遠くに羊蹄山が見える。

午後3時過ぎにバス乗り場へ。座れた。
洞爺駅に到着すると先発のスーパー北斗が遅れて到着。
指定席をとってなかったら乗車できたんだけどな…。

1時間なにもない駅で待つのはつらい。
駅前で唯一開いているおみやげ物屋さんを兼ねたコンビニ(?)で、ダーリンへのお土産のイチゴなどと缶コーヒーとわかさいもを購入。
DSC_0277
駅の隣のよくわからないホールで時間をつぶした。

DSC_0279
洞爺の桜は見ごろでした。

いったいなにをしに洞爺湖くんだりまで行ったんだかよくわからないけど、天気良かったし、18キロの外ランしたし、温泉に入ったし、生ビール美味しかったし、道マラに向けての課題がたーーーーーーーくさん見つかったしで、〇だ。


nice!(4)  コメント(5) 

いろいろな週末 [グルメ]

5月11日土曜日
The yellow monkeyのLive@北海きたえーるに行ってきました。
札幌2 daysライブの初日。
再結集後の初(?)アルバム「フォーナイン」を引っ提げての全国ドームツアーだそうです。

DSC_0252


イエモン好き~。
ライブのあとダーリンにアツく語ったんだけど、「この世界に真っ赤なジャムを塗って食べようとする奴がいても~♪」(JAM)という歌詞、すごいなぁと思う。
どうしたらこんな歌詞出てくるんだろう。

私は歌詞と曲ならばだんぜん曲派で、気に入った歌でもメロディは頭のなかをぐるぐるめぐるのに歌詞についてはうろ覚えどころかまったく覚えないのだけど、この歌詞だけはすごいな~と頭に入っている。

イエモンにとって令和初ライブだそうで。
カメラも入っていてノリノリだった。屋内ライブながら花火ドーン。
わートップ10みたい~。
客席にのびる花道とお立ち台での吉井さんを囲むアリーナ席のフアンを眺めているとなんかビデオクリップの中に紛れ込んだような不思議な感覚だった。
大満足♪

車の中でもイエモンを聞こうと思い、ハードディスクとipodの曲を探すもイエモンなし。
あれー?車の中でイエモン聞いていたよねー?とダーリンに尋ねると、うん聞いてた。
おかしいなぁともう1回ハードディスクとipodの曲を探したところで気が付いた。
聞いていたのは、スプリンター(前車)でカセットテープだった。
そう思いつくとカセットテープの「Yellow Monkey」と書かれた私の手書きラベルまでくっきりと鮮明に思い出した。
ひー。10年も聞いてないんやー。

後日、TSUTAYAでベスト盤CDレンタルした。
買えよ。ていうか、せめてダウンロードだろというツッコミはありだと思う…。

-------------------------------------------------------------------------------------------

5月12日日曜日
母の日。
「ごはんしよう」と言いながらなかなか実行できなかったのを「母の日」ってことでやっと決行@四川飯店。

午後1時半スタートの予定なので、予約なしでもいいかな?と思いつつ、だけど日曜日だし混んでるかもと席だけ予約した。
すると予約の場合、一人あたり2500円以上食べないとダメなんですって。
まあランチ定食じゃなくてアラカルトで注文するつもりだから大丈夫でしょう。

案内されたテーブルは、あのTHE中華という赤くてくるくる回るテーブル。
わーい。テンション上がる~。  
DSC_0253
フカヒレ。
DSC_0254
エビチリ。
DSC_0256
麻婆豆腐。
DSC_0257
燻製鶏。
一番おいしかった八宝菜を撮るの忘れた。

3人では十分すぎる量で、少々残してしまった。
持ち帰れるか尋ねたら、きれいにパックしてくれた。

晩御飯にいただきました。
定食じゃなくて、好きなものどんどん注文して食べるのはやっぱり美味しい。
中華のだいご味!


nice!(3)  コメント(2) 

2019年GWあれこれ その4 [グルメ]

平成最後の日に台湾から戻ってきた。
JRで札駅へ。
JRの改札前広場も大丸の地下の食品売り場も大晦日のようなにぎわい。
気分が上がってダーリンに「令和御膳」なるものを私には酒のつまみになりそうなものを購入して、荷物もあることだしタクシーで帰ろうと駅の外に出るとびっくりするほど閑散としている。なんか年末の夜中のよう。まだ午後5時くらいなのに。
タクシーの運転手さんも「人がいなくてびっくりですよーー」と言っていた。

令和元年の三が日をのーんびりと家で過ごし、5日は毎年恒例の豊平川マラソン。

そして、ダーリンの大生誕祭♪

ダーリンのリクエストは和食。良い評判をよく聞く「花小路さわ田」にしよう!と考えたけど気づいたときにはGW中はお休み…ということでやっと営業を開始したその日に電話をかけたらもう予約でいっぱいだって。
しょんぼりしていたら、うちの店の向かいに弟子が始めたよく似たお店があるんですが…と逆オファー。じゃあそちらでお願いしますというとすぐに折り返しの確認電話があった。

DSC_0233
さわ田の弟子のお店はやま田です。ふふふ。

DSC_0234
誕生日のお祝いだと伝えていたところ、お店からのサプライズが。
嬉しいですね~。

DSC_0235
乾杯。

DSC_0236DSC_0238
しゃこ。はまぐり。
アスパラのごま和えは写真撮り忘れ。
DSC_0239DSC_0240
DSC_0241DSC_0242
DSC_0243DSC_0244
DSC_0245DSC_0246

どれも美味しかったし、食器も素敵な食器だし、食材にこだわっているということも、旬のものを使っているということも、その食材を生かしているってこともわかるんだけど、いかんせん地味なのだ。
お刺身も、美味しいんだけど平目の1品だし、まぐろの山掛けだし、最後はそばだし、美味しいんだけどお値段からするともうちょっと華やいでもいいんじゃないかなーーーーーーーーと思った。
お店は落ち着いた雰囲気で、大将もおかみさんもすごく感じ良かったんだけど、うーんうーーーん。美味しかったんだけどーーー。うーーん。

とまあ、いろいろ楽しかったGWでした。


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -