So-net無料ブログ作成
検索選択
マラソン ブログトップ
前の5件 | -

洞爺湖マラソン [マラソン]

2017年5月21日晴れ

朝の洞爺湖。
DSC_3669
中島の影が湖面にくっきりと映ってきれい。

7時に起床して7時半にレストランで朝食。
部屋でゆっくり身支度を整え,9時に部屋を出て,会場で最後のお手洗いを済ませ,9時20分に整列。9時30分スタート。

DSC_3663
前日にフィニッシュ祈願で撮影。無事に戻れますように。
ダーリンと一緒にスタート。ロスタイムは3分くらいでした。

走り始めは足が重い。
けっこう暑くて,ロングパンツを着用したダーリンはそのことをしきりに後悔していた。
私は,保護と日焼け対策でロングT&ロングパンツだったけど,さほど暑さは感じなかったな。
湖畔コースに入ると涼しくなったし。

最近上り調子のダーリンとまったく調子が上がらない私の戦略は,
中間地点まで一緒に2時間半で走り,それ以降は各々の調子で走る。
私は,前半ハーフ2時間半・後半ハーフ3時間の計5時間半,制限時間ぎりぎりで走り切る!

5月の洞爺湖にしては暑かったけど,スポドリと水が準備されている「給水」所とスポンジと水が準備されている「スポンジ」地点がちょこちょこあって,前半はスムースに給水できた。
が,20キロ地点の給水所では紙コップがなくなってしまったとのことで手ですくってスポドリを飲んだ。これから長い上り坂が3キロあまりだらだらと続くところでしっかり給水しておきたいと思っていたのでガッカリ。
ガッカリが怒りとなったのか,外国語でものすごく怒っている声が後方から聞こえてきた。

中間地点通過タイムは,2時間30分。
関門閉鎖10分前での通過。
スタートのロスタイム3分を縮め目標通りのタイムで通過できて一安心。
これから上り坂にさしかかるので,ダーリンにこれからは自分のペースで!と声をかけ,並走から後方へと退いた。
ずるずると置いて行かれるかと思ったけど,上り坂2キロくらいまではダーリンの背中が見え,途中シューしてもらうためにダーリンが立ち止まったところで追い抜いた。
が,頑張りはここまで。
「まさか前にいるとは」と追いついてきたダーリンに合わせて走ることができず少しずつ差がひらき,折り返し前後の2キロで500メートルくらいの差がついた。

折り返してからいったんトイレに寄って気持ちをリフレッシュし,エネルギージェルを一つ飲む。美味しくて続けざまにもう一つ飲む。

27.5キロの打ち切りポイント(スタートから3時間30分)は,6分前の通過だったかな?
そこから広い公道に出て30キロの給食所を目指す。
スポンジポイントでホースで水を出してくれているところがあって,「飲めますか?」と尋ねると,「飲めるよ!冷たいよ!」とホースの口を向けてくれたのでゴクゴク飲んだ。美味しかった。

次のお目当ては紫蘇ジュース。
給水所でコップが足りなくなったくらいだから,紫蘇ジュースはもうないんじゃ?と心配したけど,嬉しいことに豊富にあった。
美味しくて美味しくて,4杯も飲んでしまった。あとバナナ半分食べた。
4杯も飲んで図々しいかな...と思ったけど,これがあとの走りの源になってくれた。

30キロ関門(スタートから3時間50分)は10分前で通過。
32キロあたりから走るのが辛くて,だけど走りポーズは崩さないぞ!と心に決めてすすんだもののなんかまったく進んでいる気がしなくて,キロ9分くらいかかっている始末。
思い切って速歩きにかえてみたら,なんとこっちの方が速くてキロ8分10秒くらいで進めてノロノロ歩きの人をどんどん追い越すことができた。

35キロくらいまで速歩きで進んでいたら,スポーツジムのトレーナーらしき若い女性が50代くらい(40代かも?)の女性ランナーに「もう少し頑張って速くしましょう」,「キロ7分で進まなければ39.5キロで打ち切られます」と,ハッパをかけながらすすんでいくのに遭遇した。
ちゃんと確認していなかったけど39.5キロに打ち切りがあったか!と( ゚д゚)ハッとして,その二人のあとを追いかけるように走った。

35.5キロの給水所はずいぶん前にコップも水もなくなったらしくすっかりきれいに片付けられていて,ボランティアの高校生たちが「頑張って~」と応援してくれる。
応援は嬉しいけど,水...。かなりがっかりしたけど,紫蘇ジュース4杯パワーがまだ少し残っていたので走れた。

37.5キロの給水所は,再びコップがない。
ペットボトルを差し出され「口をつけずに飲んでください」。顔を上に向け口をつけないように水を注ぎ込んだら前がべちょべちょになった。
ほぼ500ミリリットルを飲み干して満足した。

さてあと2キロ頑張るぞ!と再び走り出したら,例の二人組が今度はトレーナーの女性がおばさんの手をつないでひっぱりながら走っているのを発見。
これはまずい!と,できるだけ速度を上げたら「関門閉鎖まであと2分です~」の声が聞こえてきた。ひーーーー。

39.5キロの打ち切りポイント(スタートから5時間5分)をなんとか通過。
ここからはゴールまではもう打ち切りはないとのことで,ほぼ歩き。
公園内に入ってからも速度を上げることができず,フィニッシュが見え始めてもこんなにゴールを遠くに感じることはなかった。
5時間23分ちょいでゴール。

DSC_3672
昨年は一度もフルを完走できなかったので,走り切ったのは2年ぶり。
とてもうれしい。

ダーリンも無事完走で,二人で久々の達成感を味わいました。
あそこがあーだったとか,紫蘇ジュースをダーリンは3杯飲んだとか,私はなんと4杯よ!なんて言い合えるのも,ともに完走出来たからだなぁ。

DSC_3686
夜の花火もとても美しく見れました。

この走力では道マラの完走はまだ難しいけど,「完走」という良いイメージが掴めたのでなんだか頑張れそう。

洞爺湖はやっぱり好きな大会だ。


nice!(7)  コメント(4) 

久しぶりのマラソン旅行♪ [マラソン]

5月に入ってからというもの目が回るような忙しさ。
身体的な忙しさというよりも,少々趣向が異なることを始めたので精神的に常に「あれをやって,これをやって,あれはどうだっけ?」を考えてるので「気忙しい」と言うべきかな。
今が一番大変なんだ。
これを過ぎれば楽になるんだ。
もうここまで来たからあと少しだ。
と自分に言い聞かせ,なんとか目途をつけて洞爺湖マラソンに行ってきました~。わーい。

今シーズン初マラソンなので,もう少し走り込んで上向きの調子で迎えたかったけど,マラソン前最後のジョグを水曜日にした時点でダーリンに「どうする?洞爺湖やめる?」と言われる始末。
行っても走れないんじゃ無理して洞爺湖まで行くよりもまだホテルをキャンセルできるうちにDNSを決めて家でゆっくりしようかな...なんて後ろ向きな気持ちがもたげてきたけど,たとえ完走できなくても洞爺湖温泉にゆっくり浸かるだけでもいいじゃない!とネガティブ思考を切り替えた。

土曜日のお昼に家を出発。
4月25日にグランドオープンしたばかりの輪厚SAでお昼ご飯。
毎週道央道を走るたび「グランドオープン」の横断幕を目にしては入ってみたいなーと思っていたので入れて嬉しい。

DSC_3655DSC_3657
前面が窓ガラスのモダンな建物。

DSC_3658DSC_3660
なんかテレビ番組で見る関東のSAみたい~。
食べ物は北海道っぽく「鹿肉丼」をオーダー。翌日のマラソンのためにタンパク質と炭水化物を充填だ。

チェックインタイムの午後3時ちょうどにホテルに到着。
ホテルの駐車場はすでにたくさんの車で一杯だった。
DSC_3662
部屋からは真っ青な洞爺湖が臨めました。

ナンバーとチップはすでに郵送で入手済みだけど,いつも前日にお安いスポーツグッズの出店があるので散歩がてら洞爺湖文化センターに行ってみると,今年は前日の出店はなく当日に出店されるとのこと。ガックリ。
私は特価品目当てなだけだったのでショックは小さいけど,洞爺湖温泉街にはスポーツ用品店なんてものはないから,ソックスとかアームカバーとかそういうの忘れてきてしまった人は困るだろうなぁ。

ホテルに戻って温泉に入ってさあ夕食。
DSC_3666DSC_3668
うひょーーー!
テンション上がる~。
こんなのっていつ以来だろう。こりゃマラソン前日だってビール飲まなきゃね。

旅行気分満喫の前夜でした。


nice!(5)  コメント(4) 

2017年豊平川マラソン(ハーフ) [マラソン]

いよいよ北海道のマラソンシーズンが開幕。
私たちの走り初めの大会は日刊豊平川マラソン(ハーフ)。
が,ダーリンは体調悪くDNSだったので,初めて一人で豊平川マラソンに参加した。

 DSC_3632DSC_3628 (2)
スタート&フィニッシュ地点の真駒内公園は桜がキレイ。ちょっとテンションあがる。
が,まったく走れる気がしない( ̄Д ̄;)

大会前々日にナンバー交換をしなかったので,当日の朝に交換。
いつもは背中のナンバーはダーリンにつけてもらえるけど,今回はそれができないので

↑を持って行った。樂。
9時50分スタートなのに身支度を終えたのが9時25分で,それから荷物預けに向かうと超長蛇の列。ひーーー。スタートに間に合うのーーー??
焦ったけど9時35分には預けることができ続いてトイレへ。
急いでスタート地点に向かう途中でホクレンのテントで焼き切り餅に甘じょっぱいタレがかかったのが配られていたので食べた。美味しかったし,力が出たなー。

豊平川マラソンは寒かったり強風だったりコンディションが読めない大会だけど,今年はなんと最高気温が24度という7月初旬の高気温。
前半は河川敷を走るのが気持ちよく豊平川に掛かる橋を数えながら走ったけど,折り返し後がバテバテ。ミュンヘン大橋まで歩かないぞ――――と心に決めたのに,その決意もすぐに崩れて14キロくらいで歩いてしまった。
給水所には紙コップがなかったりするし...。

公園内に入ってからも走ったり歩いたりでグダグダ。
DSC_3633
結局,2時間41分でした。
わーーーん。

ぐずぐずと着替えを済ませ,すぐに地下鉄真駒内駅まで歩く気力が起きなかったので近くの六花亭に立ち寄りアイスを食べた。
DSC_3634
ほんとうは食事をしたかったけど,待ち客が多かったので菓子売り場のアイスを注文したのだけど,正解だった。甘さと冷たさがものすごくご褒美になった。

帰りは家を通り越してスポーツジムまで行き,水風呂と暖かい風呂を堪能してから戻った。
疲れたし,走りはダメダメだし,洞爺湖マラソンが不安だけど,完走(?)できたので〇。

本日,今シーズン用のシューズを買った。
DSC_3636
3シーズンぶりのウェーブライダー。
これまでのアシックスゲルニンバスに比べるとすごく軽い。
この軽さが力をくれそう。
あと2週間で履きならすんだ。

-------------
今日でGWが終了。
例年になく忙しいGWでまったく休んだ感がないけど,今月がいろんなことの山場になりそうなので頑張るぞ。


nice!(6)  コメント(3) 

道マラ顛末とアフター♪ [マラソン]

2016年8月28日(日曜日)快晴晴れ
朝9時のスタート時の気温は17度、日中の最高気温は27度でした。
フルマラソン1万7,000人、ファンラン3,000人

さて。
朝6時に起き、納豆ごはんとホットケーキの朝ごはんと豆乳。
お通じもしっかりあり、気分よく7時30分に自宅を出発。
8時前に大通駅に到着し、1回目のトイレ。
荷物預けを終えて、もう一度トイレに行こうかと思ったら、公園内の仮設トイレは超長蛇の列で、男女別に並ぶとダーリンと離れ離れになりそうだったので、再び地下鉄のトイレへ。
それでも時間的に余裕があった。

ところが、スタート前にトラブル発生。
なんとダーリンのランニングウォッチ(ソーラー)が「CHARGE」の表示になったきり、時間表示もタイム計測表示もしない。遅ればせながらも懸命に太陽光に向けてチャージされるのを期待するもまったくダメ。ひーがっかり
絶対に二人離れちゃだめだねと誓い合う。

今年は完走は無理かな...と弱気だったのだけど、スタート前にDJが「今年の完走メダルは北海道型のゴールドメダルです」というのを聞き、俄然完走への意欲が。

スタートはダーリンと一緒にGブロック。
後方からのスタートはいつものことながら、例年はスタート地点までのロスタイムはだいたい6分なのに、今年は9分50秒もかかった!
私たちにとってこれはものすごーーーく大きなロスタイム。
そしてこのロスタイムがレース結果そのものに影響を及ぼしたのでありまする。

私は、道マラ前の2週間にまったく走れなかったため走力激落ちという不安材料を、ダーリンは、夏マラにめっぽう弱いという不安材料を、それぞれ抱えていたため、目標は最初から「5時間以内での完走」それのみ。なので、きっちりキロ7分を刻んで走る。
いつもより少しはやめの15キロ地点で補給食の甘いジャム(?)をチャージ。

19キロを通過。
ここから片道6.5キロの地獄の真っ直ぐコースの始まりだ。
心の中で頬っぺたにビシビシとカツをいれて走り出す。
20キロ地点までは、給水のあるところではタイムオーバーしたものの、キロ7分をキープして進んだ。

が、20キロで私の足が重くなった。
20キロでこの足なら42キロはもたないな...そう思い、ランニングウォッチと、残りの塩熱サプリをダーリンに託し、先に行ってもらうことにした。

行けるところまで行こう。そう決めて、すすむも、少し歩いてしまった。
次の給水所が見えたところで、2回目の補給食をチャージ。
すると、元気が出てきて再びラン姿勢に。
中間点でのタイムが2時間40分。
スタートのロスタイムを除けば、ちょうど完走ペースじゃん♪ちょっと気が軽くなって、ちょっとペースが上がったものの、すぐさまペースダウン。そして歩いてしまう。

すると次の給水所で、「ほれ!女子頑張れ!」とおばさま給水サポーターに叱咤され、「ここが一番辛いんだ。おり返したら楽になるから」とおじさま給水サポーターに励まされると、走るしかないじゃーんで、走り出す。
手稲高校のブラスバンド演奏の「負けないで」も力になったなぁ。

振り返ると大会監視車...という状況で、追いつかれるもんか――と走る。
それにしても、例年だと「マラソンを停止しなさい」とか「停止を命じます」などの呼びかけがあるところなのに、今年はなし。「バスが通りますから左に寄ってください」とは言われたけど。
あれ?ひょっとして、今年は人数が増えたから、時間制限がゆるくなった??と期待したら、前方の25キロ地点にたくさんの人が。
25キロに着くと、「もう関門閉鎖されてるよー」だって。_| ̄|○

そうこうしていると、中央分離帯をはさんだ反対車線におり返してきたダーリンがやってきたので「収容されちゃった―――」と伝え、私の道マラは終了。

25キロ関門で引っかかった人が大量だったため、バスに乗り込むのにすごく時間がかかり、さらにものすごい迂回ルートを通ったものだから、ゴール地点に戻ったのは午後1時45分と、ちょうど5時間ランナーが戻ってくる時間だったので、フィニッシュ地点で多くのランナーのゴールを見た。やっぱり完走は良いなぁ。
完走メダルは思ったよりもしょぼかったし、完走タオルもあまり好きじゃないネロっとした肌触りのものだったけど、やっぱり完走は良いなぁ。

ダーリンと合流して、とりあえず
DSC_2327DSC_2328
ダーリンと乾杯。

そして、liangさんとのアフターまでひとっ風呂。
するとあとで知ったのですが、liangさんもそこでお風呂に入っていたんだと!
それも、道マラ参加者は200円割引だったんだと!
そんなこと知らなかったので、普通の金額で入っちゃったよ。

さてさて、お楽しみのアフターマラソン。
DSC_2329DSC_2330
居酒屋でビールを飲み、2次会はミルク村♪
久し振りのミルク村。
入店待ちの時間もさほど長くなく、久し振りのソフトクリームは非常に美味しく。
満足じゃーーー。

完走はできなかったけど、スタートできたし、アフターも良しで、◎!


nice!(3)  コメント(4) 

リタイア癖... [マラソン]

2016年7月9日晴れ

北海道マラソンの50日前。
道マラ前の長距離練習として、3年連続3回目の参加です。
モエレ沼公園に1周5キロの周回コースを作り、ペースメーカーがつき、給水充実、協賛のアミノバイタルの支給も充実で走りやすい大会。
夏のフルマラソン完走に向けた修行の場であり、完走できるかどうかを占う場でもあるのだけど...。

結果は、15キロリタイア。
ペースは、2年前にキロ7分のペースメーカーについて走ったところ集団で走るのがしんどくて途中で集団から外れて走ったので、キロ6分30秒の最後尾でスタートしてキロ7分くらいで走った。13キロまでほぼ6分50秒で順調に走っていたのに14キロにガクンと7分20秒に落ちた。
頭がズキズキして、あと16キロあるのかと思うと気力がプッツリ。
最近どうもメンタルが...。
走力がついてないからメンタルが弱いのか、メンタルが弱いから走力がつかないのか。
函館マラソンに続いて札幌30Kもリタイアとは。リタイアに対する心の抵抗力が弱くなっているような。まずい。

まずいながらもいくつか収穫があった。

収穫①
ウェア。
道マラでは2014年と2015年と同じウェアで走った。ウェアに胸当てが付いているのでスポーツブラ要らずで気に入っているものの、いつも同じだとつまらないので、今年はミントグリーンのフレンチスリーブのウェアを道マラで着ようと思い、30Kで試着。
これまでも外ランのときに何度か着て、サラサラの素材の着心感が気に入っていたのだけど、暑い30Kで着て走ると、暑い。ねっとりと絡みつく感じ。
短パンも、昨年着用した短パンは薄手で履き心地が良いもののハデハデで恥ずかしいので今年は他のものをと試してみたところ、汗を吸ってずっしり重くなりべちょべちょで走っていて気持ち悪い。これはどちらも不採用だなぁ。

収穫②
アスリートソルト。
DSC_2127
Mr45さんが「お腹のチャプチャプがない」とおススメだったので、昨年の30Kの終盤のときにお腹のカポカポの悩まされたので使ってみた。
ダーリンは良いと言っていたが、私は摂取方法を間違ってしまった。
水と一緒に飲みこめば良かったのに、スポーツドリンクを給水した後に口の中でなめてしまった。ダーリンに「飲みこんだ方が良いよ」と言われても、なめている間は気が紛れるのでなめてしまう。そう言うと、「塩なめて気を紛らさないと走れないなんて異常だ」だと。確かに。
ただ、ちゃんと摂取すると良いと思うので、次回は摂取方法をかえて試す。

それにしても、調子が上がらない。
調子が上がらないから距離を走らないし、距離を走らないからいつまでも調子が上がらないという、負のスパイラスに陥っている。道マラ前に長距離を走っとかないと自信がつかない。

まだ50日ほどあるので一から出直します。


nice!(4)  コメント(7) 
前の5件 | - マラソン ブログトップ