So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年3月の月間走行距離 [ジョギング]

ScreenHunter_34 Mar. 31 20.28

ダーリン曰く「二月は逃げる。三月は去る」。
確かに。
2月はいつもの月よりも2日だけ短いにもかかわらずあっという間に終わってしまうし,続く3月もあれよあれよと過ぎていく。

ただでさえ去りゆく3月なのに月がかわって早々にひどい風邪を引いてしまったため,
上旬は風邪の治療のために走れず,
中旬・下旬は体力の回復が思うようにいかず走れず。
時速8キロで走っているのに体感では時速9キロ以上で走っているかのよう。息がすぐに上がってしまうし,なにより上旬を寝て過ごしたせいでふくらはぎの筋肉が落ちてしまったらしく足が動かない。
なのに体重はあっという間に戻ってしまったorz。
まあ,今月上旬だけじゃなく先月も18日以降は走らなかったからなぁ。

合わせておよそ20日間も走らなかったら体力の衰えはひどいものだ。
5月からいよいよ札幌のマラソンシーズンが始まるというのに間に合うかな。

筋肉の衰えがひどいので,走ったあとにスクワットをすることにした。
翌日,太ももの前部が筋肉痛になっていて,お~!効いてる!と嬉しくなった。

あと1ヵ月で戻さなければ!
いや,マラソン完走できるまでにしなければ!


nice!(5)  コメント(6) 

イギリス土産 [買い物]

ケンブリッジでは,あまり見るとこがないということもあってさほど観光をせず。そして,いつもは自分へのお土産♪という口実でご当地の洋服やアクセサリーなどのショッピングに励むのだけど,通りのウィンドウに素敵なワンピースを見つけ良いなと思いつつ,空港での両替で円安ポンド高にやられたせいかショッピング熱も高まらず。

最終日まで自分への土産どころか家族への土産も買わずのままだったので,ホテルをチェックアウト後徒歩15分ほどのショッピングモールに出掛けて,ブログで仕入れたprimarkのユニオンジャックのエコバッグを探しに行くも見つからず。結局,空港のハロッズでお土産を買った(既述)。

お土産①
DSC_3452
パディントンベアのキーホルダー?
キーホルダーにしては大きいので,バッグチャームにしている。
一目見て,かわいい!!と即買い。

土産②
DSC_3455DSC_3453
紅茶ティーバッグセットと無花果のジャム。ティービスケットも買ったけど食べちゃった。

レジでお会計のとき「直行便か?」と聞かれたので,よくわからないまま「インチョンでトランジット!」と答えると,ジャム1個には大きすぎるんだけど...と言いながら開封厳禁のシールがついた透明のプラスチックバッグに入れてくれた。

というのも,直行便ではなく第三国を経由して帰る場合,ジャムやワインなどの瓶入り商品は空港内の免税店での購入であってもむき出しだと経由地の審査で没収されてしまうため特別な包装が必要。

で,仁川空港でのこと。
私たちは何事もなく審査を通過できたけど,すぐ後ろの人がもめている様子。何事?とX線検査を通り抜けた荷物をまとめつつ見てみると,袋の中から空港の免税店で買ったらしいがむき出しのワインが3本!(゜ロ゜)

事の次第を見届けたかったけど,いつまでもぐずぐず留まっているわけにいかないので検査場を後にした。あのワインは没収されてしまったのかな?気になる。

免税店で買った化粧品などもうっかりしていると没収されてしまう危険があるので,気を付けましょーー。


nice!(4)  コメント(2) 

久しぶりの飲み会 [グルメ]

昨夜は友人総勢5人で飲み会。
昨秋から始まった同メンツでの飲み会は今回が4回目(私の参加は3回目)。

18時開始だったので,飲み会前にスポーツジムで1時間ほどジョグ。
ジムカバンにお出かけ用の着替え一式を入れたはずがセーターの下に着るインナーを忘れた。
私はすぐにお腹を冷やすたちで夏の暑いときでもインナー必着なのに,まだまだ寒いこの時期になしはきつい。すすきののラフィラに行くと1階出口付近でレディースインナーセールをやっていた。購入し,試着室をお借りしてさっそく着用。
これで心おきなく飲めるぞ――。

なるとキッチン@すすきの
DSC_3441DSC_3442
道内はもちろん世界の地ビールを数多く集めている。
飲み放題90分1500円もあったけど,飲みホには地ビールは含まれないというのでフリーで。
世界各地のビールが集まっているの言うのに,地元びいきが激しい私たちは小樽ビールを注文。

DSC_3443DSC_3446
「なると」と言えば,鶏の半身揚げで有名なお店。
オードブルはいろいろなチキンのそろい踏み。せっかくなので半身揚げも注文。
揚げたチキンも美味しかったけど,私は砂肝のオイル漬けが気に入った。
午後10時から大人数の予約が入っているとのことで,4時間近くも長居したあげくに退店。

そして,やっぱり〆はパフェでしょ。
幹事さんが一次会の店選びと同じくらいの情熱でパフェの店の目星をつけていてくれ,向かったのは「幸せのレシピスイート」。
DSC_3448
店内は狭い。小さな丸テーブルと2脚イスが7~8組。定員20人くらい?

パフェは10種くらいあり,私は「果実とミルクのパフェ 妖精の樹」をチョイス。
DSC_3449DSC_3450
5人分のパフェは壮観!
私のパフェはすごくまいうー。下に白玉が入っていたよ。
コーンフレークが好きじゃないので,これまた嬉しい。

飲んだあとにパフェってラーメン級の高カロリーだけど,なんか女子っぽい感じで飲み会そのものが浄化されるような気分になるのよね~。

しかし,どんどん出来てるな。また新しいところに行きたい。


nice!(6)  コメント(4) 

札幌ごはんと家ごはん [暮らし]

もう3月も下旬で4月がもうすぐそこにやって来ました。
3月末で札幌を去る友人がおり,春になった喜びとともに少しの寂しさを感じます。

...などと柄にもなく感傷的な出だしながら本文はガラリと変わって飯ネタ♪

2月は台湾⇒中1日でケンブリッジというスケジュールだったけど,台湾から戻ったその足でダーリンと大丸百貨店で待ち合わせてすし善に直行。
カウンター席に座ると目の前にざっと10種類くらいのネタが入ったケースがあったので,「ケースの中のを全部握ってください」と注文。
カウンターにはネタケースが4か所ほどあり,よく見るとそれぞれネタが少しずつ違うもよう。私たちの前のケースはヒカリモノが多かった。ヒカリモノ好きの私には嬉しい限り。
白ワインと一緒に堪能したーーー。
やっぱり寿司は美味しいなぁ。

翌日は,2ヵ月毎の検診のため病院へ。
ついでに,エスパーイトウでスープカレー。
DSC_3355
↑は,エスパーパリチキ1050円ナリ。
前回スタンプを押してもらうのを忘れたため次回押印のために保管していたレシートと比べると100円高い!! 値上がりしたのかぁ。それにランチサービスにラッシー割引があったように思ったけどそれもなくなってしまった。
美味しかったけど,一人ランチには贅沢だ。次回はお向かいのCOCO壱かな。

ケンブリッジから戻ってダーリンとのランチは
DSC_3435DSC_3437
左:らぁめん銀波露の塩ラーメン。
右:天竺の具だくさん野菜カレー。
天竺は最近のお気に入りカレー屋さん。ちょっと遠いけどスパイスたっぷり&ムング豆入りカレーはとても美味しい。

寿司・ラーメン・スープカレーを食べて大満足なり~。

そして,
DSC_3439
ダーリン特製の鮭いくら親子チャーハン。
究極の北海道メニュー? 美味なり~。


nice!(4)  コメント(4) 

ケンブリッジ旅行 ホテル&食事 [旅行(海外)]

ダーリンとの旅行では食事にこだわって旅の記憶=食の記憶となる私たちだけど,今回はイギリスってことでどうなんだろう?と出発前からあまり期待せず。

朝食は,宿泊代に含まれていたのでホテル朝食。
DSC_3390
無料のはコールドミールってやつで,ハムエッグとかは別料金だった。
パンとチーズが美味しくて,トマトもフレッシュ。フルーツとヨーグルトもあったし,これで十分満足だった。ただ,コーヒーが美味しくない。部屋でワンドリップコーヒーを淹れて飲んでもあんまり美味しくなかったので,硬水のコーヒーはあまり口に合わないんだな。

DSC_3397
ちなみにホテルの廊下には女王陛下の写真が飾られていた。イギリス~って感じ。
私たちの部屋は5階(イギリス式では4階)だったのに,滞在中エレベーターがずっと故障中で外出のたびに5階分を上下するのがきつかった。チェックイン時には一人のホテルマンが私たち二人分のスーツケースを持って猛然と階段を上って行き,あとを追って階段を上った私たちは手ぶらのくせにゼーゼーしてしまってイギリス人すごい!と思った。

階段の上り下りが辛いからってわけではないけれど,食事は昼は外食,夕食はスーパーでサラダやハムやワインを買ってそれを食べるというパターンだった。あと,カップヌードルを4つ持って行ってたので2回ほど夕食をカップ麺で済ませちゃった。到着が夜遅かった上に雨降りで出掛けるのが億劫だったのでカップ麺は重宝した。

①中華レストラン
DSC_3376
到着翌日にはすでに飯粒が恋しくてホテル近くの中華で昼食。ワンプレート1,000円くらいだったかな。一緒に注文したお茶が500円くらいで,水が無料の日本はやっぱり良いなぁ。

②インドレストランCurry King。
DSC_3388DSC_3387
DSC_3385
メインストリートから路地を入ったところにあるカレー屋さん。
入店したときにはお客さんが一人もいなくてかなり不安だった。ラッシーとマトンカレー,私はナンを注文。
ラッシーのグラスには赤いなんかが付いてて,さらに取り皿にも黒いなにかが付着している。食事がくる前からテンションだだ下がりになったけど,カレーの味はすごく美味しい!
インドのこういうカレーってやたらとバターがきつくて完食できないという経験がままあったけど,これは肉の味もスパイスの味もしっかりしていてすごく美味。ダーリンに至っては,これまで食べたインドカレーのナンバー1だって。
ラッシーも美味しくて,味に関しては大満足! が,清潔感がイマイチだわ。

DSC_3384DSC_3383
店内はこんな感じで高級そうなんだけど。

③イタリアンレストランBella Italia。
DSC_3398DSC_3403
旅のメインイベントを無事に終えてホッとしたダーリンとイタリアビールで祝杯。
考えてみればイギリスでの初のビール。パブに興味あったけど,夜の外出は億劫で。それに,ホテルの部屋に冷蔵庫がないので,買い物でビールを買うということもしなかった。グリルした鶏の胸肉がのったサラダもボリュームがあって美味しかった。

メニューに「ミートボールパスタ」を見つけて,ずいぶん前に見た映画でイタリア人シェフがアメリカ人客にペペロンチーノだかなんだかを馬鹿にされたうえに「スパゲティーと言えばミートボールスパゲティーだろう。ガハハ」のようなことを言われて激昂する...というシーンを思い出した。ちょっと食べてみたかったけど,手堅く(?)ボロネーゼを注文。

DSC_3401DSC_3402
目の前でチーズをすってくれる。ちょうどよい感じの量をすってくれるのかと思っていたら,私がストップするまですってくれて完成はこーんもりのチーズ。
ビールとサラダとパスタですごく贅沢なランチだった。

DSC_3407DSC_3399
お店は,バーカウンターが大きかった。

④スーパーマーケットSainsbury'sのテイクアウトピザ。
DSC_3405DSC_3404
タイ料理レストランで食べようとお店にいくと,closedの看板。じゃあ,どこにする~?と店前に出されているメニューを見ながらブラブラしていたら,ケーキとコーヒーのカフェはいっぱいあるけどレストランは選択肢が限られていて。クレープ屋さんも魅力的だったけど,しっかりしたものが食べたい。とある店に入ったところ,やたらと接客態度が悪くて席に案内するでもなく,オーダーをとりに来るでもなく。温厚な性格で1年に1度怒ることがあるかどうかというダーリンが,このレストランで1年分の(?)怒りを爆発させ退店。

もう店を探すのもめんどうなので,スーパーでピザを買った。
Sainsbury'sはデリコーナーが充実していて,ダーリンがタンドリーチキンなどの鶏肉料理を気に入り,滞在中に何度か購入した。ピザは何種類もあるピザから選ぶことができ,1ポンド追加でオーブンで温めてもらえる。
ホクホク顔でピザを抱えてホテルまで歩いていたら,すれ違った人が何人もピザに注目し,子どもはママにピザをねだったりしていた。ふふふ。ものすごい宣伝効果。

⑤日本食レストラン??wasabi。
DSC_3419DSC_3420
グランドアーケード近くの日本食弁当屋さん。
いかにもな寿司パックや生姜焼き弁当などがあった。私はみょうにカレーが食べたくて,それもカツカレーが食べたかったんだけど,チキンカツしかなくチキンカツカレー。
ドリンクはタピオカがやたらと大きいタピオカ抹茶ミルク。ご飯の量が多くて少し残してしまった。
DSC_3421
こちらが外観。
お隣はBootsという人気のドラッグストアだった。ドラッグストア好きなので店内をぐるりと回ってみたけど,ドイツの方が楽しかったな。

⑥ショッピングモールの中華レストラン? Cafe Oriental。
DSC_3423
鴨肉ラーメン。鴨肉は美味しいのに,ラーメンがもっさりというか太い素麺みたいな麺であまり美味しくなかった。
味はイマイチだったけど,給仕の女性がすごく感じよくて気分よく食事できた。
DSC_3424DSC_3422
The Grafton Centreというショッピングモールにあるお店。
ケンブリッジ最終日,午前11時にチェックアウトして荷物を預けてやってきた。お土産をまったく購入していなかったので,最終日にあわててPrimarkで買おうとやってきた。某ブログによると,Primarkはイギリスのファストファッションブランドで,ユニオンジャックが描かれたエコバッグは安くてイギリスっぽいから買いだとのこと。
が,全館探しまわったけど,ユニオンジャックのエコバッグはなかった。

-----------------

帰りのヒースロー空港行きのハイヤーは12時30分に予約していたので,他のお店を見ることをせずそそくさとホテルへ戻る。途中でダーリンの携帯に「ホテル前に到着した」のSMSが着信。すごーーい。5分前にやって来てるよ―――。

再びメルセデスベンツに乗ってヒースロー空港へ。
ハイヤーは高かったけど,やっぱり快適だった。
DSC_3425
空港には早めに到着したため航空会社のカウンターがオープンしておらず,出発階のカフェは大混雑で空席がなかったので,到着階のカフェでコーヒーブレイク。
私は生クリームたっぷりのココア,ダーリンはシナモンたっぷりのチャイラテ。

今回は全然お高いもの食べなかったね...と言いつつ出発ゲートまで行くと,「キャビア」と書かれたオープンスペースのワインバーを発見。どうする?最後の最後に贅沢する??とダーリンと目を合わせたものの,なんかそこまで盛り上がれなかったので見送り。

かわりにハロッズの免税店で定番の紅茶やジャム,ティービスケットなどを買って,買い物熱を満足させた。

復路のヒースロー⇒インチョンは満席状態でお隣さんがいた。往路よりもジェット気流のおかげで2時間くらい飛行時間が短縮されたのがせめてもの慰めだった。
そして,復路はインチョン空港で4時間くらい過ごさなければならない。
DSC_3430DSC_3433
飛行機を降りたとき口中が熱をもっていたので,アイスクリームでクールダウン。
そして時間をおいて,スンドゥブ・チゲを食べた。美味しかった。

振り返ってみると,全然イギリスっぽいものを食べていない。
しいて言えばホテルの朝食がイギリスっぽいかな。ぽくもないか。

ダーリンは「あのインドカレー美味しかったなぁ」と戻って来てからも口にするから,今回の旅の記憶は,インドカレーだ。


nice!(5)  コメント(5)