So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪マラソン・アフター [マラソン]

楽しみにしていたアフター。
宝塚歌劇団の観劇です。わーい。パチパチパチ拍手

12時30分開場・13時開演なので、余裕をもって10時20分にホテルを出発。

実は、味名人さんにどーーーしても行きたかったので密かに「11時オープンだからオープンと同時に入店して30分で店を出て...」などと西村京太郎ばりの緻密スケジュールを頭に描いていたのだけど、どう考えても無理そうだし、できたとしてもあずましくないので断念。
味名人さんは見送りです。

宝塚へはJRで。
DSC_1221DSC_1222
でもやっぱり宝塚は阪急の街ですね~。
駅舎もきれいだし、駅前の広場には宝塚の像もあって気分が高まる~。

さて、宝塚でお昼ご飯。
駅に隣接するビルにあるたくさんのレストランの中でチョイスしたのは、
DSC_1218
パンケーキのお店のカフェ・ド・ヴォアラ。
とってもゆったりとした店内で、ソファ席が魅力的だったけど、「(体勢的に)こちらの方が食べやすいです」と普通のテーブル席へ。

パンケーキはスィーツ系とお食事系があって、迷う。
DSC_1219
かなり迷ったものの、甘いものが食べたいのでスィーツ系。
提供まで30分くらいかかるとのことなので、時間に余裕をもって来て良かった。

入店時に目立っていた空きテーブルが、私がパンケーキを待っている間にどんどん埋まった。
すると、私の隣に座った女性客が常連さんのようで。
常連さんはなにを注文するのか? なんとはなしにうかがっていたところ、「オーロラソースがめちゃくちゃ美味しいねん」。
オーロラソース? なんだなんだ? あーー私もそれ食べたいーーー。
心中で悶絶していたところ、サラダと判明。
次回はこれだ。

DSC_1223DSC_1225
花のみちを通って宝塚大劇場へ。

DSC_1227DSC_1236
ドーーーン。夢の城だわ~。
ホールへと続く階段も素敵。

DSC_1240
私の席は2階のA席で、2階も満員。
それもそのはず立ち見客もいたもんな。

1幕目は、
DSC_1233
新源氏物語。
幕が上がったときの華やかなこと!
まさに「絵巻物」の世界を立体的に表現した様子。

視覚的には非常に美しいのだけど、10代の頃に数週間(それ以上だったかな?)にわたって授業で勉強した内容がぎゅっと詰まっているので、なんだかダイジェスト版を見ているかのよう。
暗転→場面転換がすごく多いし、舞台の大小いくつもあるセリも上がったり下がったりでなんだか忙しい。演技よりもタイミングがばっちりですごいと変なところに感心してしまった。

恋愛遍歴がダイジェストになっているので、光さんが次から次へと食い散らかす節操のない男のようで。そんでもって、幼い紫の上を北山から連れ出すときに、それを躊躇する惟光に「勇気をもって決断するのだ!」とか勇ましいこと言ったけど、それって...。

素敵なセリフもいっぱい。
六条の御息所の言葉「くぜつが上手くなりましたね」
くぜつってなんだ?と思ったら、口説/口舌なんですね。口説き文句ってここからきたのかな。

光源氏の言葉「一つの恋を弔う恋の通夜をしよう」
傷心でもキザなんだもんな。きゃーーー(〃ω〃)

ラストは苦悩する光さんがそれでも運命を受けとめ毅然と立ち向かっていく。
そんな感じでしたが、全場面通しての絢爛豪華な3D絵巻にすごく圧倒された。

DSC_1242DSC_1241
35分間の休憩でビール飲んだ。
休憩のスペースもすごく華やかで感激。

第2幕は歌と踊りのショー。
次々に繰り出されるダンスは、花火大会のフィナーレのように盛大で華やか。
ラインダンスは素晴らしかった。もっともっと見たかったな。

------------

夢見心地でアフター第2弾!
DSC_1250
keroyonさんとオフ会@一芳亭
お目にかかるのは初めてなのにそんな感じじゃなくて。
実は、難波駅から一芳亭に向かう時に道に迷ってしまい、心配して電話をくれたkeroyonさんに道案内をしていただいたので、初対面の緊張が抜けた。

念願の焼売
DSC_1247DSC_1248
これが美味しいのなんのって。
最初に3人前(1人前5個)を注文し、ほかにも豚天と春巻きも注文してかなりの量だったにも関わらず、追加で2人前注文したもんね。

keroyonさんは私に付き合ってビールを飲んでくだすった。
焼売にはビールと決めていたので一人でも飲む所存ではありましたが、お付き合いしていただくと2倍も3倍も美味しい。

そして、keroyonさんは、私が大阪マラソンについてはEXPOも含めて大変そうだった様子なのと、ホテルの部屋も喫煙部屋なのが気に入らない様子なのとで、大阪にたいして悪印象だけを抱いて帰るのではないか...気を揉んでらっしゃいました。が、

安心してください! 大好きですよ!
(このネタ、沿道の応援カードに絵付きでたくさんありました。「安心してください! まだ走れますよ」とか)

確かに、大阪マラソンは大変だったし、部屋は相変わらずタバコ臭いけど、宝塚歌劇の楽しさと焼売の美味しさは特大のホームラン。

LCCでまた来ます。


nice!(11)  コメント(5) 

大阪マラソン完走&感想 [マラソン]

大阪マラソン完走しました。
PICT0034
タイムは、かなりトホホ(;´д`)
これまでで最も遅く、そして最も辛かった。

------------
朝は、5時50分に起床。
大会のために5時30分オープンの朝食会場に行くと、思いの外混んでいなくて快適。
DSC_1213
「銀ゆば」と言うお店なので朝食に湯葉や豆腐料理が豊富にあって、豆腐好きの私にはうれしい限り。

部屋に戻って身支度して、7時30分にホテルを出発。
連泊なので部屋にそのまま置いておけるのが良いです。

ホテルからスタート会場の大阪城まで近いので、8時までの荷物預けにも余裕だと思っていたのだけど、これが本日のつまずきその1。
確かに大阪城やスタート地点の大阪府庁までは近いのだけど、荷物預けの地点までが遠かった。
最初は観光気分で「これが大阪城か~」なんて喜んでいたけど、いっこうに荷物預け地点に到着しないので焦る焦る。
そうこうしているうちにスタート地点に向かうランナーの波に逆送するようになり、さらに焦る。
荷物預けのトレーラーが見えてきたものの、1から順番に並んでいるトレーラーの私の荷物を預けるのは18番。ひえー。遥かかなたで全然見えない。
「そろそろ荷物預かり終了です」の声に追い立てられるようにダッシュして、なんとか荷物を預けたのは8時5分だった。

さて、お次はトイレ。
どこが空いているのかわからないので、とりあえず公園のトイレに並ぶ列についた。 これが本日のつまずきその2。
ものすごい長蛇の列だったけどスタート整列時間まで35分あるんだから大丈夫だよね。
長いと思っても案外進むのってはやいもんだよね。
...全然進まなかった。
ストレッチなどしつつ並んでいたランナーが次々に脱落していき、あともう少しと思った時には、私のスタートブロックへ行く道が閉鎖された。
ここからはどうせ最後尾スタートなんだからと思いあきらめずに並んで、なんとか用を足したのはスタート10分前。
トイレを出て最後尾へ向かう途中にずらーーーっと並んだ簡易トイレ群を目にして脱力。
しかも時間も時間だけにすごく空いてるし。
私のあの時間はなんだったんだーーー。

最後尾につく。
周りのランナーが「スタートまで30分かかるらしい」というのを耳にして、またまたぁ。せいぜい15分くらいなのでは?と思っていたところに、ハンドマイクを持ったボランティアのおじさんが「スタートまで30分かかります」「スタートするまでが大変なのが大阪マラソン!」と話すのを聞き、大きい大会ってそうなのか...と改めて驚いた。
おじさんの言葉に誇張も偽りもなく、スタートゲートをくぐったのは号砲から27分後だった。

スタートしてからも大規模大会は大変だった。
人がい過ぎて思うように走れない。
なんかこの光景見たことあるなぁと思ったら、そうだ!ネットに乗っていた中国の海水浴の光景だ。海水浴なら「いも洗い」っていうけど、マラソンはなんというんだろう...。
少し走ると沿道側よりも中央側のほうがスムースに進むことがわかったので、なるべく中央に位置取り。

今回もトイカメラ持って走った。
第1の名所。グリコの看板。
PICT0005
みんなやけに写真を撮っているなと思ったら、振り向いた位置にグリコの看板があったので私も一枚。
御堂筋のコースは、デパートとかブランドの路面店がならんでて目抜き通りの華やかさがあった。
ところで10キロくらいから早くも尿意が。
日向は暑いくらいなんだけど、ビルの間を走ると日陰&ビル風で寒いからかな。
だけど、どのトイレも長蛇の列で行く決心がつかない。
最初の折り返しを通過して来た道を戻ってくると、往路では激混みだったトイレが空いていた。
待ち時間0でラッキーだった。

PICT0009PICT0012
18~20キロくらい。

24キロくらいで通天閣がちょっとだけ見えた。
PICT0015

27.5キロで給食。
バナナとあんぱんを補給すると力がでた。

リフレッシュして国道26号線を走っていると、突如膝に力が入らなくなった。
少しは痛いけど激しい痛みというほどではないのに力が入らなくて走れない。
なんか「カクン」となっちゃったような感じ。
中央のガードレールに寄って膝の曲げ伸ばしをしてみたところ痛くない。
痛くないので走ると、力が入らなくて走れない。
これはいったいなんなのでしょう。

走れないけど歩けるので、歩きながら30キロの給水ポイントに行って膝に水を掛けてみたらちょっと良くなったような。とりあえず走る。

この大会で一番感動したのは32.5キロの給食
お稲荷さん(私の直前でなくなった)、かっぱ巻きならぬ漬物巻き、ちくわキュウリ、パイナップルがたくさん入ったパイナップルパンチ。どら焼き、おだんご、マシュマロチョコなどなど。
PICT0017PICT0020
さすが食い倒れの街のマラソン大会だ。
それにおばちゃんたちが「ちょっとはお腹ふくれた?」と、マラソンの給食というよりは食事感覚で提供してくれるのがすごくうれしい。なんか、親戚の家に行って「お腹空いてるでしょう。なんもないけどご飯食べな」とされるような親しみがある。

お腹も心も満たされたところで、あと10キロ。
南港大橋まではなんとか走ったものの、渡り終えてからほぼ歩き。
体が疲れると心も荒れるのか、「どうせ走ったって」とふて腐れた気持ちになり走る姿勢すら取れず。再び走り姿勢をとったのは40キロ地点くらいからかな。

やっとインテックス大阪に近づいた。
PICT0029PICT0033
やっとゴール。疲れた。

着替えをすませ、コスモスクエア駅までの無料シャトルバスに乗ろうと乗り場に行くと長蛇の列。だけど、絶対に歩きたくない!の一心で並ぶとそれほど待たなかった。
DSC_1215

会場にはステージがあって、たむけんがマラソン初挑戦の麒麟の人と話していた。

バスの中で、デパ地下で買い物して部屋で食べようと思いつき、隣に座っている方に中央線の駅にあるデパートを尋ねたところ、御堂筋線に乗り換えて梅田に行くと良いとのこと。
乗り換えかぁ。

乗り換えはハードルが高かったので、ホテルに直帰し近くのコンビニで鶏のから揚げと春巻きとビールを購入。
その後爆睡し、今になって目がさえた。


nice!(9)  コメント(3) 

大阪マラソン 前日 [マラソン]

DSC_1195
関空に到着
札幌⇒関空はpeachを利用。
片道およそ6000円(座席指定280円込み)はお得です。

飛行機の中では、私の隣の席に座ってらっしゃる女性がものすごく姿勢が良く、腕にはガーミンが。これは...と思い、「大阪マラソンですか?」と尋ねると、やっぱりそうでした。
1泊2日マラソンの旅の中にいかに観光名所を組み込むかをガイドブック首っ引きで悩んでらっしゃった。
1泊2日は大変だ。私はゆったり旅程でよかったわ~。

午後1時30分に到着。
関空から直接バスで受付会場のインテックス大阪に行く予定なので、お昼ごはんは関空で。

DSC_1198DSC_1197
到着早々に551蓬莱。
海鮮焼きそば+豚まん+スープのB定食セットに焼売つけた。
海鮮焼きそばは海老が大きくて立派なこと以外にはさほど感激はなかったけど、
豚まんがとても美味しい
これまで、肉まん=豚まんの認識だったけど、豚まんには肉まんにないパンチがある。
うん。美味しい。

定食をあっという間に平らげて、まだ時間があるのでスタバでコーヒー。
空港ロビーでしっかりとくつろいでからバス乗り場に向かうと、ややっ、長蛇の列。
バスはほぼ満員状態。
USJ行きなので空港からUSJ直行組なのかと思いきや、なんとなんと、全員インテックス大阪で下車。すごいなぁ。大阪マラソン。

DSC_1199
フィニッシュゲート。

DSC_1201DSC_1202
ナンバー引き換えして、このまますぐ帰りたかった。

DSC_1207
関大のチアガールたちはとっても可愛かったけど、だらだらぐるぐる会場内を歩かされる動線で、気温の高さと人いきれでぐったり。
それにインテックス大阪からコスモスクエア駅の遠いこと。
近くを歩いていたおじさんが「前日にこんなに疲れたらあかんわ」とぼやいていたけど、まったくもってその通り。
EXPO楽しみたい派とすぐ帰りたい派で分けてくれないものかな。

DSC_1210
コスモスクエア駅から海が見えた時にはホッとした。

そして、宿へ。
部屋に入るなり、うっっ臭いっ...。
忘れてた。禁煙室が取れなくて喫煙室をとったんだった。
備え付けの空気清浄機をつけても、窓をあけても、リセッシュをシュシュしても、まったく臭いがとれない。

晩御飯に出かけようと思ったものの、遅めの昼ご飯のせいでまだお腹が空いてない上に、外に行くのが面倒だったので、ホテル1階のレストランですませることに。

DSC_1211DSC_1212
串揚げ御膳にビールつけちゃった。
人生初串揚げ。美味しーーー。ビールとあう。

ご飯を済ませてすぐにお風呂に行って正解だった。
私が出る頃にはロッカーも足りないくらいの超混雑。
やっぱり大阪マラソンってすごいんだなーーー。


nice!(7)  コメント(4) 

大阪マラソン1週間前 [マラソン]

ScreenHunter_12 Oct. 18 10.13

大阪マラソンまであと1週間。
ナンバーカード引換証が来ないなぁ...と思い、HPを確認したら、

ScreenHunter_13 Oct. 18 10.13

マイページから各自でダウンロードする形式だった。

今月は走ってないので、マラソンは苦戦しそう。
でも、アフターが盛りだくさんなのですごく楽しみ。


nice!(9)  コメント(5) 

初めてのガウチョ [暮らし]

夏に流行ったガウチョパンツ。
私はすっかり流行に乗り遅れてしまった。
と言うのも、ああいう裾の広がったタイプってお手洗いが大変なんじゃないかなぁと思っていた。スカートならたくし上げることができるし、パンツなら裾を折ることができる。
でもガウチョって...ということで購入を見送ってきた。

が、ドラマ『偽装の夫婦』での天海祐希さんのガウチョパンツ姿かっちょいい~。
白いシャツに黒のガウチョ(ワイドパンツ?)がとっても素敵。
是非とも真似したい。

と言うわけで、手っ取り早く
DSC_1181
ユニクロで購入。
ルメールとのコラボだそうで。
黒に見えるけど、ネイビーです。

しかし、久しぶりにエスタのユニクロに行ったら、広くて広くてビックリした。
Mサイズで大丈夫かと試着室に向かうと長蛇の列。ひえーーと二の足を踏んだものの、どんどん進むので並んでいたら、進むのが速いはずだ試着室が20室以上あるんじゃないかな。
札幌ドームのお手洗いの個室数に匹敵するくらいありそう。
(※あくまでも個人の印象です)

そして、お会計でレジに向かうとこれまた長蛇の列。
再び、ひえーー面倒だからやめようかな...と思ったけど、これまたどんどん進むので並んでいたら、あっと言う間に私の順番。レジの台数は20どころじゃないなぁ。
空港のカウンターが全部開いているくらいありそう。
(※あくまでも個人の印象です)

しばらく行っていないうちにこんなことになっていたのかと驚いた。

今年の秋冬のハードローテ間違いなし。


nice!(7)  コメント(4)